「妖怪のせいなのね!?」【ようかい体操第一】とデカルトの方法的懐疑

思考のデザイン

妖怪のせいなのね?

娘に買った電子ピアノに、【妖怪ウォッチ】の【ようかい体操第一】がデフォルトで入っていて、時々その曲を流しながら、息子が「フンフン〜♪」と口ずさんでいました。

ただ、ウチには世代の人が居ないので、我が家の誰にも【妖怪ウォッチ】自体は刺さってはいないんですけどね。

で、流れでなんとなく、【ようかい体操第一】の動画をYouTubeで流してみたら、息子が気に入ったフレーズがありました。

どうしてウンチはプンプンプン?」の部分です。

子供って、なんで「うんこ」を買い被るんでしょうか。誰か、論理的に説明してほしい。

かく言う僕も、小学生の頃はよく、ノートにうんこ描いてました。

いや、楽でいいんですけどね。「うんこ」って言っとけば、簡単に笑うから。

子供の笑う顔は、最高です。

それ見たさに、なんの脈絡も無く、くすぐってしまいます。いい迷惑ですね。

そんな訳なので、最近は、朝の保育園に行く間、自転車のチャイルドシートで、息子がこの歌をよく歌ってます。

で、初めて【ようかい体操第一】の歌詞を通して見たんですが、そこで1つ思った事があって。

「妖怪のせいなのね!そうなのね!?」っていうフレーズがあるんですけど、「これ、デカルトの方法的懐疑じゃん!」

みたいな事を感じたんですよ。

はい、意味わかんないですよね。でも、思わず記事にしてしまいました。

哲学者の【ルネ・デカルト】の懐疑爆弾

懐疑の爆発

デカルトってのは、フランスの哲学者の事で、「我思う、ゆえに我あり」って言った人です。

聞いた事ありません?哲学史上、上位にランクインするような有名フレーズです。

宗教的な根拠の混じった、曖昧さの残るスコラ哲学に対して、「なんか違くね?」って思ったデカルトは、「この世界で、疑いようの無い真理って何だよ?」って考えました。

そこで所謂、方法的懐疑によって、ありと凡ゆる事象を疑う事にしたんですよ。

普遍的な学問を追求していたデカルトは、そこで疑いようの無い真理を発見できれば、数学のように、正しい前提を第一原理に置いて、そこから正しい演繹ができると考えたんです。

その為に、破壊できない程の硬度で構成されている石(真理)を見つける為に、あらゆる石を爆弾で吹っ飛ばすみたいな事を始めたんですよ。

それでも最後に残った硬い石が、だと考えたんですね。

それが方法的懐疑です。を見つける為に、少しでもっぽいものは、全部排除していく。

例えば、今この目に入るリンゴはホントに存在しているのか?っていう懐疑爆弾をぶっ放して、更に「でも、夢かも知れない」って事すらも疑って追い討ちをかけていく訳です。

で、最終的には「これは悪魔が見せてる幻覚かも知れない」っていうとっておきの懐疑爆弾をぶつけ始める。

それこそホントに「妖怪のせいなのね!?そうなのね!?」っていうノリで、全部妖怪の所為にしてみるんですよ。

最後に辿り着いた結論が、疑っている自分が居るって事は疑いようが無いって事でした。

これが正に、「我思う、ゆえに我あり」なんですね。

ルサンチマンは用法容量を守って正しくお使いください

ただこれ、飽くまでを探し出す為に、疑い過ぎちゃって「妖怪のせいなのね!?」とかやってるだけですからね。

よい子は、「俺が女子にモテないのも、数学の成績が悪いのも、妖怪のせいなのね!?」なんて責任転嫁するのは辞めてね。

ルサンチマンは用法容量を守って正しくお使いください。

参照記事:ルサンチマンって誰だよ!?

言っちゃえば戦争が終わらないのはずばり俺のせいなんだな

彼とあの子が付き合わないのも確実に俺のせい

はいはい全部全部全部俺のせいですよわかってますよ

この世の全ては私のせいでございます

申し訳ないでございます

出典:オーライオーライ

The Mirraz/畠山承平

Left Caption
mikio
以上、mikioでした。ありがとうございました。
この記事のURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。