5年間子供を観察した結果【飽きずに遊び続けてるオモチャ】を3つ紹介

2020年3月19日子供向けコンテンツ

アンパンマンのブロック

おはようございます。

5歳と3歳の子供に、翻弄されまくってる父。mikioです。どうも。

子供のオモチャ箱の中は、カオスですね。

原型を留めていないものもあり、何だったのかよくわからない、オモチャ、もとい、ガラクタまで入ってます。

見てて思うんですが、結局、未だに触り続けてるオモチャって、ブロック系のオモチャなんですよね。

これは恐らく、構造がシンプルだからでしょうね。

そして、何を組み立てるかという、空白が用意されている。だからからこそ、飽きない。

結局、うちの子供が2人とも、ずーっと遊んでるオモチャって、これでした。

もう、アンパンマンっていう歳でもないんですけどね。

ガチャガチャと、家のようなものを組み立てては、「ここはトイレね」とか、間取りの説明をしてくれます。

という事で今回は、5年間、色々とオモチャを買ってみた結果、子供の興味の中で生き残っているオモチャを3つ紹介します。

この記事の結論

キング・オブ・オモチャは、やはりブロックである

子供が好きなオモチャを探す方法

まず、オモチャを紹介する前に、子供の好きなオモチャを探す方法が2つある。というお話。

結論から言うと

  • プレイランドに行った時に、好んで遊びたがるオモチャを知る
  • オモチャのサブスクを使ってみて、子供の趣向を知る

です。

子供の嗜好を探る上では、近所のプレイランドに行ってみると、子供がそこに居たがる場所の傾向がわかってきます。

後述しますが、息子がプラレール好きだった事がそれで発覚しました。

参照記事:ファンタジーキッズリゾート港北【トイひろば】

「近所にプレイランドなんかねぇよ!」って場合は、オモチャのサブスクリプションってのがあるので、それを試してみるのもアリです。

ちなみに、【トイサブ!】は、リリース後に口コミで広まった、現時点で最大手のサブスクです。

その後、めざましテレビ、ワールドビジネスサテライト等、様々なメディアで紹介された人気サービスとなってるので、試してみるなら【トイサブ!】かと。

子供の年齢に合わせてプロがオモチャを選んでくれる

1回のレンタルで6点のオモチャが届く(送料無料)

レジスター系のオモチャは子供には不動の人気

オモチャ屋の売り場にあるサンプル触ってる子供とか見てると、レジスターって安定の人気があるんですよね。

何処も、そうなのかはわかりませんが、少なくとも、うちの子供は2人ともレジスター触るの好きです。

うちはアンパンマンレジスターDX買ったんですけど、スマホ決済あるんですよ。すごくないですか。

オモチャも、ちゃんと現代風にアップデートされてるんですね。

ちなみに、レジスターに収まってるお金なんですけど、都度レジに入れてくれないので、紙幣も貨幣も少しづつどこかに消えていきます。最終的には売り上げゼロです。

今は、スーパーで買い物した時の、大人のリアルレシートが入ってるだけです。

プラレールは男の子にハマれば面白いほど没頭する

プラレール機関車トーマスのベーシックセット

最近、買ってみたのが、プラレール(トーマス)のベーシックセットです。

僕自身、乗り物自体に興味が無かった子供だったので、プラレールにハマる息子の気持ちが、あんまりわからない。(ちなみに僕は、ウルトラマンの人形でずっと遊んでた子供)

だからこそ、プラレールに没頭してる息子の姿が面白いです。

今まで気付かなかったけど、「へぇー、息子ってプラレールが好きなんだー」とわかったのは、近所のプレイランドに遊びに行った時、必ず入り浸る場所が、プラレールの領域だったからです。

プレイランドのプラレールに没頭する息子

プラレールって、基本的に、男の子が好きなタイプのオモチャですね。

面白い事に、ハマれば、沼に引きずり込まれる勢いで遊んでます。

なんでもいいんですよね。集中して、着手できる何かがあれば。

集中力って、感覚を掴めれば、他の事にも転用できるし。

テレビをぼーっと見てるよりは、100倍いいよ。

参照記事:認知発達理論の具体的操作期と形式的操作期の違い

キング・オブ・オモチャはブロックでした

ボーネルンドのマグ・フォーマーとか、買ってはみたんですけど、そんなに受けはよくなかったです。

瞬間的には遊んでるんだけど、すぐに飽きてました。

少し、難しいのかな。

レゴブロックとか、メガブロックの方が、デザイン的に親しみやすいのかも。

今回紹介したオモチャって、どれも子供自身が、オモチャにデザインされた、空白を補完するタイプのオモチャなんだと思います。

で、空白って固定しないですよね。子供に合わせて可変します。だから飽きないんじゃないかな。

ということで、長期的に、子供の興味の中で生き残っているオモチャのナンバーワンは、アンパンマンのブロックでした。

ブロックは汎用性も高いです。

息子はプラレールとブロックを組み合わせて、雰囲気作りにいそしんでいました。

関連記事:子供へのクリスマスプレゼントにプリキュアは辞めといた方がいい理由【2019】

Left Caption
mikio
以上、mikioでした。ありがとうございました。
この記事のURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。