頭の回転が遅い人は単にシミュレーションの数が少ない説

2020年2月24日随筆(エッセイ)

風車が回転してる

おはようございます。

中学生くらいの時、腰にあるホクロを本気で引き千切ろうとしたけど、無理でした。mikioです。どうも。

「この人、頭の回転が速いなぁ」って人、居ますよね。

あれって、頭の回転が速い人と、速く見える人とに分けられるんだと思ってます。

ハタから見ると、どちらも結果的に、問題に対するリアクションが速くて、的確だって事になります。

実際に頭の回転が速い人ってのは、仮説を立てるのが上手いとか、ロジカルに考える能力が高いだとか、つまるところ、処理速度が速いって事なんだろうけれども、その領域に関しては、よくわかりません。

何故なら、僕は頭の回転が遅いから。

でも、速く見える人であれば、僕も目指せるなと思ったので、今回はそのお話。

イメージトレーニングと現場力の関係

頭の回転が【速く見える】って、どういう事なのかっていうと、その人にとっては、その状態が習慣化されてるって事です。

つまり、慣れているって事。

経験値が多い人ってのは、場数を踏んでいるので、脳のデータベースに膨大な手数が収納されています。

だから、想定外の出来事(トラブル)があっても、それすらも想定内にしてしまう事ができます。

何故なら、あらゆるパターンのイメージトレーニングをしているからです。

例えば、5000例を超える心臓外科手術を手掛けて来た、心臓外科医である須磨久喜(敬称略)は、手術の前に必ずイメージトレーニングを行うそうです。

途中で起こりうるトラブルも含めて、初めから終わりまで、全てをイメージする。

この方の、オプションの話が好きだったので、メモったのが以下の文です。

どれだけね。こうなった時はこうとか。こんな時もあるよ。というオプションを、自分の引き出しに持ってるかどうか。何千というオプションが、ある筈なんですよ。

一応イメージを作った時っていうのは、胸を開ける。心臓が出てくる。目的の血管はここにある。はい見えた。切った。繋ぐ。こうやって、はいおしまい。元気になった。

起承転結、3分くらいでザーッと思い描けるようになるんだけれども。

心臓を起こしてみたら、あるはずの血管が見えない。

無いわけないんで。表に出てない。筋肉や脂肪の中に潜ってるかも。でも、それは術前検査ではわかんないわけです。

そこで、ビギナーは焦り狂って、わけわかんなくなる。

じゃあ、こういう風に探してみよう。ああいう風にして探してみよう。今までやった中で、じゃあこの辺にある筈だ。

経験豊富になると、その辺が、当たりが多くなる。

出典:SWITCHインタビュー達人達/井上道義×須磨久喜

あくまで、イメージトレーニングと、現場での失敗を含めた経験の組み合わせによって、手数を増やすって事ですね。

人って、手数が増えると前向きになれるんですよね。

「まだやれる」って思えるような。

鴨頭嘉人の質問に答えられる時と答えられない時の違い

YouTube講演家の鴨頭嘉人かもがしらよしひと(敬称略)って人が居ます。

以下のサムネイルでは、会社を辞めるとかどうとかっていう話ですが、そこは関係なくて。

この動画を見て「あぁ」ってなったのは、1:36の部分での話。

人は、普段から考えていることは答えられるが、普段から考えていない事には即座には答えられない。

というものです。

要するに、普段からやってるか、やってないかの違いとして、頭の回転が速いとか、遅いとかっていう見え方に繋がるだけなんだなと。

西野亮廣のYouTubeで語られる対応パターンの話

普段からの習慣の話で言うと、お笑い芸人であるキングコングの西野亮廣もにしのあきひろ、似たような事を言っています。

劇場でお赤ん坊が泣き出すなんて、日常茶飯事で、(中略)当然赤ちゃんが泣いた時はこれっていう手札を持ってるんですよ。

お客さんからすると、機転が利く漫才師だってなるかもしれないけど、漫才師からしたらマニュアルだから、脳みそなんて1ミリも使ってない。

ただ手持ちのカードを切ってるだけ。

先述した、オプション(引き出し)を増やして、そこからカードを切るだけっていう状態に持っていく事。

それが、頭の回転の速さの作り方なんだなと。

これなら、テクニカルな話というよりは、イメトレの数に依存するので、自分にもできるなと思いました。

Left Caption
mikio
以上、mikioでした。ありがとうございました。
この記事のURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。