2019消費者還元のキャッシュレス決済で迷うならモバイルSuicaにしたらどうだろう?

楽するデバイス

モバイルSuicaのスマホ画面

JRE POINTサイトへの登録が面倒だったけど、モバイルSuicaはじめました。mikioです。どうも。

何年か前に、「そうだ、スマホでモバイルSuicaをやろう」と思い立ったんですよ。

ところが、「iPhone 5sだったから無理だった!」っていう結論に至り、頓挫しました。

そのまま時の経過と共に、記憶の彼方に追いやられていたんですよね。

そういえば自分、今、iPhone XRでした。

参照記事:イオシスって実際どう?中古Aランクの【iPhone XR】買ってみた

iPhoneだと、Apple Payが使える機種ならモバイルSuicaも使えると思っていいです。

  • Face ID 搭載モデルの iPhone
  • Touch ID 搭載モデルの iPhone (iPhone 5s以外)

10月に入ってから、増税に伴って、色んなPAY達が数%の還元!っていうキャンペーンやってるじゃないですか。

キャッシュレス・消費者還元事業のアレです。

モバイルSuicaも、その還元キャンペーンの対象になってるんですよ。

それでまぁ、改めてモバイルSuicaやってみようかと。

モバイルSuicaをスマホにインストールで財布不要説

という訳で、改めてモバイルSuicaを登録してみたんですが、感動しましたね。

「サイフ要らないじゃん」って思ったからです。

例えば、僕のズボンのポケット入ってる、物のポジションてのは、だいたい決まってます。

  • iPhoneが右ポケット。
  • ワイヤレスイヤホンのケースが左ポケット。
  • サイフが後ろの右ポケット。

定位置は、いつもこんな感じ。

これが、外出する目的によっては、後ろの右ポケット消せるなと思いました。

何故なら、基本的にはなんとかPAYよりも、Suicaの方が、使えるお店が多いからです。

参照記事:【超簡単】PayPay×LINE Payの登録方法をまとめて解説!

なんとかPAYでもいいんだけど、使っていて感じるのが、やっぱりSuicaの方が今の所、インフラは整ってるんですよ。

街で使うなら、QRコード系の、なんとかPAYの長所の部分だけを適宜、使い分けてもいいんですけどね。

還元率で言えば、PayPayとか楽天PAYの方が高いのは確かです。

それも実際、めんどくさいって人には、モバイルSuica一辺倒でいいんじゃあ無いでしょうか

現金は論外ですしね。

幅広く使えるっていう観点で見れば、モバイルSuicaじゃないかなと。

現金が無いと困るのは、ラーメン屋に行く時くらいかな?(その分、ラーメン屋は増税になっても値上がりしてない印象ある)

もし気になってるなら、自分が生活してる、経済圏のキャッシュレス状況を確認してみてください。

結構、Suicaだけで生きていけるんじゃないかと思います。

仮に、サイフを持ち歩くにしても、これなら別にリュックにぶち込んどけば問題ないなーと。

つまり、すぐに取り出せるようにしておく必要が無くなるって事です。

スマホ持ってりゃそれでOK!まさにスマート!

モバイルSuicaのデメリットはAndroidの年会費

ではまず、モバイルSuicaのデメリットから解説していきます。

Android使ってる人には不報です。

モバイルSuicaの登録には、1030円(税込)の年会費が掛かります。

因みに、iOSiPhone)は年会費かかりません。

ごめんあそばせ。

ただし、AndroidスマホでモバイルSuicaの年会費を無料にする方法が、2つあります。

1つは、クレジットカードの紐付けをビューカードにする事。

2つ目は、Google Payアプリを経由して、モバイルSuicaを作る事です。

1つ目は、ビューカードを持ってないと不可ですが、2つ目のGoogle Payなら、FeliCaチップが搭載されているデバイスであれば使えます。

所謂、【おサイフケータイ】に対応しているAndroidスマホであれば、モバイルSuicaは無料な訳です。

これで、年会費の件は大丈夫です。安心して下さい。

しかも、JR東日本の発表では、2020年2月26日以降には、この年会費も全面的に無料になる予定となっています。

Androidペイが、Google Payの名称になったのも、2018年の2月からなので、そもそもGoogle Pay使えないよ!って人は、来年の2月まで待つか、いっそビューカード作っちゃうか、或いは、もう使わないっていう選択を取るか。そのどれかですね。

流石に、今から年会費払って使い始めるのは勿体ないかと。

Suicaの還元率を上げる鍵はビュースイカとJRE POINTの紐付け

僕はもともと、普段からview Suica(クレジットカード)を使ってます。

年会費は524円(税込)だけど、仕事で電車通勤の人なら1〜2ヶ月でペイできますよ。

何故なら、計4万のチャージで、JRE POINTが600ポイント貯まるからです。

基本の還元率は0.5%なので、普通にクレジット払いで使う分には魅力は無いです。全然無い。

これが、3つの方法でビューカードからSuicaにチャージすれば、ポイント還元率は3倍です。

つまり、1.5%の還元率。

ビューカードのメリットは、クレジットカードから付帯のSuicaへのチャージによって発揮されるって事。

まぁでも、今作るなら、ビックカメラSuicaカードですかね。

初年度無料で且つ、次年度も年一回の利用で年会費は無料になります。

ビックカメラSuicaカードと比較すると、ビューカードのメリットは、定期券一体型ってところくらいかな。

それすらも、モバイルSuicaなら定期券も使えるから、関係なしですからね。

3つのチャージ方法を使って還元率を3倍にする

その3つの方法ってのが、以下の通り。

  1. VIEW ALTTE(駅にある青いATM)でチャージ
  2. オートチャージ
  3. モバイルSuicaでビューカードからチャージ

ビューカードの場合は、ビューアルッテか、オートチャージ使えば1.5%。

モバイルSuicaの場合はビューカードからのチャージなら1.5%。

例えば、デフォルトの0.5%の還元率なら、1000円につき5ポイント。

でも上記の3つの方法を使えば、1000円につき15ポイントになります。

1万円チャージで150ポイントって事です。従って、4万円で600ポイントの計算。

僕の場合、Suicaは大体、毎月5万くらい使ってるので、750ポイント前後入ってます。

そうすると、1年単位の計算では、約9000ポイント入ってるって事になります。

支出の仕組みを変えるだけで、家族で2、3回くらい外食行けますね。

毎月郵送されてくる、クレジットカードの利用明細書をWEB明細に切り替えれば、毎月50ポイント付与されるので、12ヶ月使えば600ポイントになります。

実はそれだけで、年会費は実質無料って事です。

【要注意】SuicaJRE POINTと紐付けしないとポイント還元されない

上記のチャージを使ったポイント還元プラス、2019年の10月からは、利用場所に応じて、使う時にもポイント還元が発生します。

ビューカードのチャージによって、1.5%の還元率。

これに加え、電車に乗っても2%の還元率。

つまり、利用に応じて3.5%の還元率になるって事です。

所謂、ポイント二重取りってヤツです。

これは、電車通勤の人は、寧ろ、やっとかないと損ですよね。

増税に伴って、電車の運賃も約2%上がっているので、モバイルSuica使えばその分は相殺できるって事ですからね。

で、1番めんどくさいのが、JRE POINTサイトとSuicaとの紐付けだったりします。

JRE POINTサイトに自分のSuicaを登録しておかないと、今までのポイント還元うんぬんの話は、水の泡になってしまうんですよ。

従って、その一点、どうか忘れずに。

JRE POINTサイトに登録できるSuicaは、最大20件です。

因みに僕は、ビューカード付帯のSuicaと、モバイルSuicaの2件登録しました。

JRE POINTのメリットは、Suicaの電子マネーとしてそのままチャージできるので、使い所に困る事も無いと思います。

Suica自体が、汎用性の高い電子マネーですからね。

モバイルSuicaのチャージとダブルクリックが快適すぎた

券売機でチャージするカード型のSuicaを使ってた人も、ビューカードを使ったSuicaのオートチャージや、モバイルSuicaのチャージ方法を使えば、券売機に並ぶっていう事象に、遭遇しなくなります。

大きなイベント事で電車を使う時、券売機が混み合っていた事ってないですか?

僕はもう、2~3人の後ろに並ぶのも、だるいです。

例えば、花火大会の日の、駅の状況とか。

その点、みんながモバイルSuicaを使うようになれば、券売機の前で待つって事は回避できますよね。

何故なら、スマホ上で適宜チャージできるから。

更に、ビューカードをクレジットカードに指定すれば、オートチャージの設定もできるので、残高不足でうっかり改札で引っ掛かる事も無くなります。

そして、地味に便利なのが、利用履歴が残る点です。

自分が、何処で、幾ら使ったのかがわかります。

冒頭で述べたように、現在iPhone XR使ってるのですが、Apple Payに登録しておけば、電源ボタンをダブルクリックするだけでSuicaの画面に切り替わるので、痛快です。

Left Caption
mikio
以上、mikioでした。ありがとうございました。
この記事のURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。