メルカリで高く売れてる音楽雑誌!米津玄師特集が定価の8倍の値段がつく現象について

2019年12月4日フリマアプリ攻略法

フリーマーケット

おはようございます。

最近、YouTubeでメルカリ梱包の勉強をしていました。mikioです。どうも。

ここ数週間は、フリマアプリを片っ端からダウンロードして、実際に出品したりしてました。

  • メルカリ
  • ラクマ
  • PayPayフリマ

参照記事:PayPayフリマは売れないのか?実際に出品してみた

ユーザー数で言えば、圧倒的にメルカリ優位でしかないんですけどね。

今回は、メルカリのリサーチをしていて面白かった、音楽雑誌の価格変動についての記事です。

メルカリ市場にて米津玄師のインタビュー雑誌が5000円以上の値段で取り引きされててビビる

米津玄師のROCKIN' ON JAPANが5000円以上の価値になるメルカリ市場

メルカリで、ロキノンを売ってみようと思って、相場を調べてたんですよ。

そしたら、米津玄師の2万字インタビューに、5000円以上の価値が付けられていました。

しかも、売れています。SOLDってます。

もう、公式バックナンバーの在庫が無いんでしょうね。

ロキノンの定価自体、約600円前後なので、単純計算で約8倍の値段が付いている事になります。

米津玄師というと、もう既に、1stアルバムの【diorama】出した時から、10年に1人の天才って言われて音楽業界では騒がれていました。

推測ですが、米津玄師の2万字インタビューがここまで高価で取引されている理由は

  • ドラマとのタイアップ
  • Eテレのパプリカ等

ここ数年で、取り上げられているメディアの影響によって、一般層にも広く認知されて、ファン化の間口が広がったが故の、ニーズ拡大なのでしょう。

【君の名は】の時の、RADWIMPSみたいな現象ですよね。

だからそういう、時間差の需要が生まれているのかと察します。

好きならば、その人の過去すらも知りたいっていうニーズです。

2015年11月号の米津玄師特集は、Amazonでも5600円の値段が付いています。

すごいですよね。

そんな感じで、当時の定価から、現代に於ける時間軸のねじれと、需要のマッチングによって、希少性が生まれる訳です。

本を売るならBOOK OFFよりメルカリの方が高く売れる理由

物の価値ってのは、基本的に販売側が決める事です。

しかしながら、メルカリの市場では、消費者側にとっての、物の価値が反映されています。

これが、フリマアプリの面白いところです。

売り手の価値と、買い手の価値が、ベストマッチしたところにキャッシュフローがある。

例えば、BOOK OFFみたいなリサイクルショップに於ける中古品市場では、そうもいかない。

「売ればこのくらいの値段が付くだろう」

そんな淡い期待値に反して、自分にとってのお宝に、二束三文の値段を付けられてガッカリしたっていう経験は無いでしょうか?

これは飽くまで、査定側に価値を決めるイニシアチブ(主導権)があるので、買い取り側が優位になるからですよね。

売りたい側にとってのプレミア感などは、買い取り側には通用しません。

しかし、メルカリは自分で出品金額を決められます。

そして、価値の感じ方はコミュニティによって変動します。

つまり、同じ属性のコミュニティの人同士で取り引きをすれば、売りたい側の価値と、買いたい側の価値が、いい感じにマッチングするのです。

だからこそ、リサイクルショップよりも、フリマアプリの方が高く売れるっていう現象が起こる。

例えば、先述した米津玄師を引用するとすれば、米津玄師が好きだった人と、米津玄師を現在進行形で好きな人との間に、相互理解できる価値です。

これは、米津玄師が好きな人でなければ、理解できないものです。

BOOK OFFに持って行って、ロキノンが5000円になる事は、まず無いでしょうね。

フリマアプリ市場ではそのゴミに誰かの価値がつくかもしれません

フリマアプリ市場を漂っていると、もしかしたら「え!?これが売れてしまうのか!?」っていうものが見付かるかもしれません。

びっくりしたのが、古新聞とか、松ぼっくりとか、出品されてるんですよね。

しかも、売れてるし。

どんぐりとかも、売れてるし。

牛乳瓶のフタにも1000円以上の値段が付いていて、尚且つ、買い手がいらっしゃる。

まぁどんなものも、需要さえあれば、供給できますからね。

このように、自分にとっては最早、ゴミになり得るものでもですよ、誰かにとってはお宝となる可能性があるのです。

その点、従来の価値の動きに変化を起こしたメルカリって、凄いですよね。

これってつまり、メルカリを筆頭に、フリマアプリの台頭によって、自分にとっての価値が、ちゃんと価値になるようになったとも言えます。

或いは、価値のなかった筈のものに、改めて価値が付いたり。

売りたい側にとっての、本来の価値が付くプラットフォームの到来。

ありがたき時代です。

【すすメルペイ】にて友達紹介キャンペーン中(2019年11月6日〜終了日時未定)

メルカリのすすメルペイ友達招待コード

【すすメルペイキャンペーン】の開催期間中に、メルペイに初めて【本人確認】を行うと、1000ポイントが貰えます。

それプラス、元々、招待コードを使ったメルカリの新規登録で500ポイントを貰える仕様になっているので、上記のキャンペーンと併せると、合計1500ポイントを貰えます。

つまり

  1. メルカリ新規登録で500ポイント
  2. メルペイの本人確認登録で1000ポイント

って感じです。

どちらも未登録が前提で、両方とも招待コードが必要となりますので、誰か身内に「メルカリ招待コードくれ!」って聞いてみるといいですね。

周囲にメルカリユーザーが居なければ、僕の招待コードを使ってみてください。

招待コードGREGAR

どうでもいいけど、僕の招待コード、【G】がいい感じに2つ入ってて、カッコイイので気に入ってます。

そのまま読むと、グレガー!って感じですね。

因みに、【本人確認】を行う方法は2通りあります。

  • お支払い用銀行口座の登録
  • アプリでかんたん本人確認

このどっちかです。

いずれにしろ、メルペイのキャンペーンページから、招待コードを登録する必要がありますのでご注意を。

キャンペーン期間は、2019年11月6日〜終了日時は未定となっています。

メルペイは、メルカリ内は勿論の事、コンビニとかでも全然使えますよ。

この機会に、メルカリをやってみるにしろ、やらないにしろ、登録しておくメリットは多分にあるかと。

Left Caption
mikio
以上、mikioでした。ありがとうございました。
この記事のURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。