【バットマンvsスーパーマン】がつまらなかった理由は予定調和すぎて逆に想定外だったから

映画レビュー

バットマン

先日、金曜ロードショーにて【バットマンvsスーパーマン】が放映されていました。

vs構造のコンテンツって、個人的には、作品に引力をもたらす要素の1つです。

【ゴジラvsメカゴジラ】みたいに、ネームバリューだったり、実力だったりと、規模のデカい生き物同士が衝突する様ってのには、どうしても惹かれてしまいます。

その文脈で、【バットマンvsスーパーマン】も、気にはなる訳ですよ。

ただ、気にはなるけど、そこに自分の120分を預けたいかと言えば、そこまでのモチベーションは無い。

バットマンにも、スーパーマンにも思い入れが無いから。

バットマンvsスーパーマンの共同戦線が不自然

スーパーマンとバットマンとワンダーウーマン

で、たまたまオンタイムで、金曜ロードショーの時間に、テレビの前に居合わせる事ができたので、見てみる事に。

あんまり良くないんですけど、他の作業しながらテレビを付けっ放しにする事にしました。

ぼんやりと、横目で流れを追った結論。

「これはヒドイ」

  • バットマンと、スーパーマンが、やり合ってる理由がよくわからない。
  • 取って付けたように現れる、最後のモンスター。
  • 共通の敵を前に、共同戦線を張る二大ヒーロー。
  • 取って付けたように、ワンダーウーマンが乱入してくるのも、よくわからない。

共通の敵を設定して、意識をまとめるってのが、IKKO風に、「アメリカ〜」って言いたくなるようなアメリカ節でした。

全てが予定調和。

「んー、ダメだこりゃ」以上、終了。

そのまま流してれば、それはそれでよかったんですけど、ふと思ったんですよね。

「〇〇が面白かった」っていう記事ばっかり綴ってるのも、建設的ではないなと。

何故つまらなかったのかって事にも、ちゃんと焦点を当てておく必要もあるなと。

飽くまで、作品を否定するっていうよりかは、【つまらないと感じた自分が居る】って事の方を置いておくっていう、スタンスで。

その方が、誰かの役に立つのかも。

「ダメなものはダメ」バットマンにもスーパーマンにも共感ゼロ

何故つまらないのかって事を考える前に、「面白いって何?」って事の定義を確認する必要があります。

人が心底「面白い」と言う時って、何かしらの感情が動いています。

参照記事:NHK Eテレの番組【ろんぶ〜ん】で紹介された感動の論文が面白かったので考察してみた

僕の場合、感情さえ動いていれば、多少展開が強引でも気にならないです。

にも拘らず、冷静なまま、引いたままストーリーを追う事になったのは、登場人物の情動とか動機にシンパシーを感じる局面が無かったって事です。

つまり、今回のバットマンvsスーパーマン。人間が描かれていない。

映画の中に、展開の強引さを越えるような、感情を巻き起こす人間が居なかった。

感情移入の観点に於いて、マクロからミクロに持っていく力が弱かったって事です。

ずーっと、俯瞰のまま終わった。

だから「つまらない」って思った。これが結論。

ダメでいいんですみたいな

なんですかそれはダメはダメでしょ

考えるのが面倒になった

脳みそ宇宙に放り投げたい

出典:マジかーそうきたか、やっぱそうきますよね。はいはい、ですよね知ってます。

The Mirraz/畠山承平

Left Caption
mikio
以上、mikioでした。ありがとうございました。
この記事のURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。